アルティメットを通じて沢山のカナダ人と繋がった留学体験談♫

こんにちは! スモーワールドです! 花粉が舞う季節がやってきましたね。
体が花粉を覚えているのか敏感に反応します。今日も目が痒い。 英語も長年触れていなくても忘れないくらい染み付いていればと思った次第です。

さて、本日ですがカナダ留学から帰国した生徒さんがオフィスまで遊びにきてくれましたよ! たくさんの話を聞いたので早速ご紹介していきますね!

1.留学基本情報

お名前

県立大学のAyaさん 帰国後にオフィスに遊びに来てくれました!お土産もありがとうございます!
Ayaさん

留学した国・都市

カナダ・トロント

渡航前と帰国後の職業

大学生2年生(静岡の大学に通っています!)

留学期間

7ヶ月

留学前と帰国後の英語力

TOEIC 650点→TOEIC850点

2.学校について教えてください。

学校には2校通いましたが、そのうちの一つがILSCですね。そこは6ヶ月通いましたがちょっと長かったかなと思いました!ILSCでは、上のレベルにいくとディスカッションの授業が大半をしめていました。下のクラスの方はライティングに特化したりとか、そういうクラスが多かったのですが上のレベルに行くとやはり取れるクラスは限られた形になっていたので、まあ長くいたからというのもあったと思うんですけど
メンバーが固定化されてくるし、大体同じ国籍の子がいるのでそこで固まってしまうのが良くないですね。
トロントのイベントの様子 トロントのイベントの様子
ILSCは校内で厳しいEOPがあるので本当に日本語を話すことができません。もし母語を話したら出席停止や退学になるというのが本当にありま
す。(ランチタイムは係りの人がイエローカードを持って歩きながらチェックしている)あと、クラスもたくさんあって自分のやりたいことを学べる
のですごくおすすめです。でも、もし入学を決めた場合は、渡航前に各クラスの授業内容をしっかり確認し自分が受けたいクラスを絞り、明確にしておくことをオススメします。最初の日のテストでクラス分けがされ、その場で先生とマンツーマンで話し自分のクラスを決めるのですが、先生の英語はとても早く全てを理解できないし自分の伝えたいことも伝えられないため、あまり理解できずにクラスを決めると後から後悔することもあります。その週の木
曜や金曜だけ、クラスを変更できますが正直2.3日だけじゃ見分けられません。2週間後に違うクラスとってればなと思ったりする場合もありますが次のセッションまで変えられません。なので、渡航前にそれぞれのクラス内容を調べ、自分の受けたいクラスをある程度しぼっておくと後悔しないと思います。私は本当にわからない状態で行ってしまったので汗

SGICについては、英語を喋ってくれた時に先生が指摘してくれたりしたのがよかったです。 規模が大きくない学校というのものあったかなと思います。
これはメリットデメリットがあると思いますが、小さな学校なので先生が結構面倒を見てくれる感じでしたね。 ただ国籍はILSCの方がヨーロッパの生徒さんが多くいました。 ILSCのIELTSの先生が有名な人みたいで、それでヨーロッパの生徒さんが通っていたみたいですね。

SGICではTESOLとTYCPを終えてディプロマもゲットできました!
最初は資格のことを考えて受けましたが本当に素敵な先生に出会えてそれ以上のものを得られた気がします。
AyaさんとSGICの先生のツーショット写真

3.滞在先について教えてください。

滞在先でびっくりしたこと

トロントに限っての話ではありますが私を含めて周りの人達でホームステイ先でうまく過ごせている人はいませんでした。
もちろん人によると思いますが、私はシェアハウスの方が、断然快適でしたね!  びっくりしたってことはないのですが、少しトラブったことはありました。 具体的にいいますと、ホームステイを退去する場合は退去する日の2週間前には伝える必要があります。 そのルールはわかっていたので、私はしっかりと退去したい旨を伝えましたが、ホストマザーがそのことを忘れたみたいで、退去するときに揉めてしまいました。私が出ることで部屋に空きが出てしまうのでホストとしては、それを避けたかったのだと思います。 結局言った言わないの話になるので解決口が見つからず。。。 払う必要はないよとアドバイスをもらったので、そのまま退去してきました! 

シェアハウスについて教えてください

私はホームステイ滞在中にシェアハウスを見つけることができました。 オーナーがご夫婦で私の他に日本人のルームメイトがいました。 
トロントで家を探すときに、国籍と性別の制限は結構あると感じました。 例えば女性限定とか日本人だけ入れてもらえるなど。 なのでまず男性は家を探すの苦労していました。最終的には家に入ることができたようですが。 年齢制限はそこまでないですね! あと日本人だけ、韓国人だけとか国籍で限定している家主さんも多いです。 今まで部屋を借りていた生徒さんのお部屋の使い方が良かったようで、そこはありがたいと思いましたし、逆に私も今後入ってこられるであろう日本人の人に対して、家主さんが日本人に対して良くないイメージを持たないように気をつけないとと思いましたね。
留学した生徒さんと友達でアイスランドへ
友達と学校卒業後にアイスランドへ行ってきました!

家賃は$550でデポジットは無しだったのですが学生という身分だったので少し安くしてもらえました。あと光熱費やwifi代など全て込みでしたね! 食事はついていませんでしたが、オーナー夫婦は私たちの状況(学生で滞在している)をわかっているので、たまに食事を作ってくれたりと、とてもうれしかったですね。 家には最低6ヶ月間入居しないといけない形でした。 

e-mapleでもたくさん物件の情報は載っているのですが中には変なのものあるみたいで一人で見学するのも怖いかなと思って、友達の紹介であれば安心かなと思いました。最終的にはみんな家を見つけていきました。 シェアハウスぜひオススメです!

4.留学を通して感じたこと、得られたもの

日本でのバックグラウンド・留学に行こうと思ったきっかけは何ですか?

海外に行きたいという気持ちは高校の頃からあって、高校のクラスが国際コースというもので海外に視野を向けた人が集まったクラスでした。
クラスの中でも海外の大学に進んでいる子も結構いました。でも海外の大学に進学するという、そこまでの大きな決心は当時の私にはできませでした。
ただずっと海外に行ってみたい。留学してみたいという気持ちもずっとありました。大学2年生の時にネイティブの先生ですべて英語で話すという授業を撮ったのですが、その時の周りの子達がなぜかみんな英語ができる人たちで、授業に全くついていけなくて、衝撃もうけて、先生が言っていることもわからないし、周りのみんなが先生に言っていることもわからないし。その出来事でもっと英語を勉強したい!という気持ちに本当に本当になりました!

大迫力のナイアガラの滝!(音量に注意してください♫)

トロントの街並みについて

移民の人がたくさんいました。 これは良い意味でも悪い意味でもですが、みなさん自分自身の母国語を話をしているので驚きました。
親しみが持てたり留学生も溶け込みやすいメリットはあると思います。
治安は一部悪いところがありますが、そこに行かなければ特に問題はないですね。
トロント街並み
ただ友達は危険な目に遭いました。 私が友達と二人で歩いている時に昼間の時間帯でしたが、ホームレスが友達のバックを奪って走って逃げていきました、が周りにいた人たちが取り押さえてくれたのは良かったですけど、やはり驚きましたね。 日頃から海外にいるという意識を忘れてはダメですね。

留学中の小ネタ、武勇伝、感動エピソード、恥ずかしエピソードなど

私の中ではやはりアルティメットが一番大きかったですね。アルティメットはフリスピーを使ったスポーツでラグビーのようなものですね。
正直学校で得られたことよりも日常生活で得られたことの方が私は大きいかなと思っています。

カナダでアルティメットのチームメイトと

カナダでアルティメットのチームメイトと

アルティメットっていうスポーツをやっているんですけど、現地でそういうスポーツをやっている知り合いは全くいませんでしたので、まずTwitterを使って探すことにしました。 そしたらアルティメットをしていた女性が見つかりました。Twitterで検索してたらトロントでやっている様子が上がっていたので、その人と連絡を取り合いました。本当に面識はない人ですが。  でもその人を介してカナダ人の人たちを紹介してくれました。でその人も私が留学中にトロントに遊びにきました。そこで初めて会って一緒にプレイしました。 で、そこでたくさんの共通の仲間ができました。
カナダ留学先で出会ったアルティメットのチームメイト達
あとはFacebookで探しました。実はそれまでフェイスブックのアカウント自体を持っていなかったのですが、Facebookを使うと見つけやすいとアドバイスをもらいましたので、アカウントを開設してトロントの人が見るという掲示板に自分の自己紹介と何曜日ならプレーができるかを投稿しました。そうしたら運良くアルティメットの監督をしている人が見てくれてました。一回誰かと繋がっていくと、そこからは早かったですね。
その人達とずっといたから、日本人が全くいない状況が欲しくて、そこに入っていってみんなネイティブっていう生活をしていたので、そこで英語が伸びて言ったかなと思います。カナダは移民の人も多くアジア系の人でも英語が第一言語の人が沢山います。私もアルティメットをしていたら、そのようなカナダ人だと思われたようで沢山英語で話しかけられました笑 その時には、もっと沢山英語で自分の気持ちを伝えたいと思いました。
そして2020年3月に静岡で大きなアルティメットの大会があるのですが、そこにカナダで出会った仲間達が来てくれることになったので一緒に出場します!
静岡は富士で行っている大会があって100チーム以上出ています! カナダ人のチームメイト達はその大会を知っていましたね! それもすごい嬉しかったです。 今から楽しみです!
アルティメットのチームメイトと

良い出会いはありましたか?

実は留学先でカナダ人の彼氏ができました。 相手は日本語力0だったので英語でしかコミュニケーションが取れませんでした。 でも遠距離は厳しいですね。笑 トロントでは留学生とカナダ人の交流ができるmeet upがあります。たとえば私は日本語を習っているカナダ人に日本語を毎週教えていました。でそのカナディアンの子が日本にワーホリに行くことになったので、お別れパーティーをして彼女の友達がたくさん来ていたので、そこで出会いました。
でも本当に英語力は伸びました。 やっぱり好きな人とコミュニケーションを取りたいと思おうので。
日本人とカナダ人のコミュニティはたくさんあります。でも来る人はカナダ人の男の人が大半で出会い目的ですね。なのでそういう恋人などを求めている人たちではない人と出会うように気をつけるのが大事ですね。

留学前に不安だったことはなんですか?

ホストファミリーと仲良く過ごせるかどうかを気になっていました。フィリピン留学をしていたこともあり英語力には不安はそこまではなかったとは思っていたのですが。 実際に留学したら思った以上にコミニケーションを取ることができました。

S__91709456
卒業後にはニューヨークにも行ってきました!

留学してよかったと思うことは何ですか?

海外の友達がたくさんできたこと。日常生活で使う英語がぐんと増えたことです! 

今後留学される方へのアドバイスをお願いします。

留学に行く前に自分の留学での最終目標を設定すること。そこがブレてしまわないようにいつも思うことが大切だと思います。
S__91709455
学校卒業後に行ったアイスランドで一枚。

今後の目標について教えてください。

今の自分自身の英語力をもっと伸ばして、英語を英語で教えられるようになりたいです。

スタッフより

カナダ留学をする前のフィリピン留学をしている時から定期的に現地の様子を教えてくれたり写真や動画を送ってくれて本当にありがとう!
名古屋でお会いしたのがつい先日のようですね。 

留学する生徒さんと、そのお母さん

留学前に名古屋でお会いした時の一枚

アルティメットのエピソードなどご家族にも良い経験ができたと報告できたようで、僕も嬉しいです!
これからも目標に向かって頑張ってくださいね! いつでも応援しています!

コメントを残す